2007年10月23日

【市民レポ】東本願寺と環境を考える

posted by ラジオレポーター at 11:02| 京都 ☁| ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

【市民レポ】天井川のある京田辺市



(レポーター:築地綾子)

府道22号線.jpg天井川.jpg棚倉孫神社.jpg
府道22号線            天井川              棚倉孫神社

ずいき神輿.jpg制作.jpg枡かけ.jpg
ずいき神輿             制作              枡掻

三つマンボ.jpg神社.jpg防賀川.jpg
三つマンボ            酒屋神社             防賀川

案内.jpg石像.jpg虚空蔵さん.jpg
案内板               石像               虚空蔵さん

 府道22号八幡木津線を通っていると、上のほうに
道路をまたいで、橋のようなものが架かっています。
 幅が狭く、手すりもないし、いったい何が
渡るのでしょうか。
 市役所に行って、上から観ることができる
場所などを教えてもらいました。

 そのむかし、山の木を切った跡に雨が降って
削られた土や砂が下流に流れこんでいきます。
それが川床にたまり、水面が高くなってしまいます。
そこで水が溢れたり、洪水になるのを防ぐために
川のまわりを、高い堤防で囲みました。
 しかし、また土砂がたまって、水面が高くなるので
さらに堤防を高くする。ということを繰り返していました。
 そして、いつしか屋根より高いところを流れる
天井川となったそうです。

 「棚倉孫(ひこ)神社」へ行く坂道を上ったところから
今はほとんど水は流れていませんが、天井川を
上から観ることができます。
 神社では、秋祭り「ずいき神輿」の製作中でした。
 さといもの茎・・ずいきで葺いた屋根に、小豆や
ししとうなど26種類もの作物で飾り付けられます
 境内には、円山応挙の門下生「西村楠亭(なんてい)」の絵馬や
江戸時代の境内を描いた絵馬の復元図。それに
米寿の祝いに、枡と枡掻(ますかき)が、奉納されています。
  
 鉄道線路の上を、またぐように架けた橋
「跨線橋(こせんきょう)」は、レンガ造りの
3連アーチの形で、天井に水路がついた橋になっていて
通称「三つマンボ」と呼ばれているそうです。
 かつては、8本(はちほん)あった天井川が、切り下げ工事や
宅地開発によって3本だけが残っています。

 ふるさとの川に指定されている「防賀川(ぼうがかわ)」沿いは、
結婚記念や入園記念、転入記念に植えられた木や、
休憩所などがあって、気持ちよく散歩ができる
遊歩道になっていました。

 大住というところにある、そよかぜ幼稚園のスグ横に
「虚空蔵さん」の案内板があります。
階段を降りていくと、園児が作ったと思われる、
苔に覆われたユーモラスな石像が、
あちらこちらからお出迎えしてくれます。
 少し険しい道を進むと、お堂がありました。
嵐山にある虚空蔵さんの原型だそうです。

 そこから先に、滝があるそうなのですが、
舗装されていない、かたや谷底の細い山道と
川の中をジャブジャブと入っていけるような
靴でお出かけください。

 この大住は、南九州から移り住んだといわれる
大隈隼人が奉納していた「隼人舞 発祥の地」だそうです。
隼人舞は、何かを始めようとする時に
悪事を祓い、目的が達成されることを願って舞ったそうです。
 毎年十月の14日に、月読神社と天津(てんしん)神社にて
舞人(まいと)となる地元の中学生が、剣や盾
弓や松明(たいまつ)を持って舞を奉納します。
         
棚倉孫神社 ずいき神輿巡行・・・体育の日
月読神社/天津神社 隼人舞・・・10月14日

京田辺市観光協会などが催されるハイキングの募集があります。
さまざまなコースがありますので、ご利用されてみてはいかがでしょうか
posted by ラジオレポーター at 00:00| 京都 ☀| ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

【市民レポ】白衣の天使がいなくなる!?



レポーター/鎌田
07.10.08放送
posted by ラジオレポーター at 00:00| 京都 ☀| ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

【市民レポ】ふろしき・フロシキ・風呂敷!!



         レポーター:平井有子


先日 ラジオカフェを出て 駅に向かう途中
ふらっと寄ったお店で かわいさに惹かれて
風呂敷を買いました。


私が小さいころの風呂敷といえば
紺色や紫色 えび茶色といった 
地味な色や模様で
お中元やお歳暮の包みにするものといった
イメージしかありませんでした。

しかし最近の風呂敷は 色使いがとってもきれいで
柄もいろいろあります。

また縁どりがあったり 刺繍が入っていたりと
凝ったデザインのものもたくさんありました。 

風呂敷を買ったお店の店員さんとお話をして
名前の由来やサイズ、包み方など、
風呂敷のことを いろいろ教えていただきました。

 
風呂敷と呼ばれる由来ですが 
お風呂に入る際に 敷いた布の上で服を脱ぎ
その服を入れたことから 風呂敷 と言われているそうです。

そういえば 風呂敷を字に書いてみると
お風呂の風呂、なんですね。
その話を聞いたときは 思わず納得してしまいました。

さてその風呂敷。
いろんな素材があります。
絹・綿・レーヨン・ナイロン・ポリエステル。

これに ちりめん・ろ・つむぎ・シャンタン・ブロードといった
織り方が組み合わさるので
用途や雰囲気にあわせて
いろいろとそろえることができます。


そして 大きさ。
かなり細かくサイズ展開されているのですが
一般的によく使われるのは
「中幅(ちゅうはば)」と呼ばれるおよそ45センチ各で 
お弁当包みや小さな巾着として使えるもの、 (2:00:00)
「二幅(ふたはば)」といって およそ68センチ 
菓子折りなどを包めるおおきさのもの、
そして「三幅(みはば)」といって およそ105センチ 
これは大き目のものを包めます。
私はこれを購入しました。

一番大きいものでは 238センチ四方の
「七幅(ななはば)」というものがあり、
この大きさだと 布団が2組も包めます。 


包み方も 基本的なものから
ギフトラッピングのように凝ったものも作れます。

1升瓶を持ちやすくする「瓶包み」
菓子折りなど四角いものをくるんで
上でひとつ結びする「お使い包み」や
スイカなど 丸いものを持ちやすくする「すいか包み」などは
皆さん見かけたことがあるかもしれません。

そのほか45センチ各の「中幅(ちゅうはば)」で作る
ティッシュ箱包み、
出来上がりの形がうさぎになる
うさぎ包みなどもあります。 



そして 私が今回 購入した中幅(ちゅうはば)の風呂敷は
ショルダーバックにもなるんです。

お店の入り口に マネキンがとってもかわいいかばんを
肩から提げていたので 思わず立ち寄ったのですが
風呂敷一枚で 簡単に出来上がります。

今は 風呂敷をエコバックとして持つ人も増えているそうですよ。

私は 風呂敷を買ったお店で 
いくつかかわいくて実用的な包み方を教えてもらいましたが
風呂敷の包み方の本も たくさん出ていますし
インターネットなどで調べると いろんな包み方が掲載されていますので、
興味を持たれた方は 一度調べられてはいかがでしょうか。


                レポーター:平井有子

posted by ラジオレポーター at 18:37| 京都 ☁| ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

いよいよ10月5日から交通社会実験



ラジオカフェ、市民ラジオレポート
こんにちは。レポーターの山田章博です。

いよいよこの10月5日から14日までの10日間
京都市都心部で「歩いて楽しいまちなか戦略」社会実験が実施されます。
その概要は10月1日付の京都市「市民しんぶん」で
みなさんのご家庭にも配布されます。
市民しんぶんの第一面には、この社会実験の概要が掲載されています。

今回の社会実験の目玉は
何と言っても「四条通トランジットモール」です。
10月12日金曜日の午後5時から8時、そして
13日土曜日と14日日曜日の午後0時から8時まで
四条通の河原町から烏丸までの区間で
一般車両の通行が禁止され、
バスとタクシーだけが車道を通行するとともに
歩道は通常の3.5mから約6mに拡幅され
歩行者がゆったりと歩ける歩道が出現します。

ぜひ、みなさんも、この日、この時間帯の
四条通の未来の姿を体感していただきたいと思います。

そしてもうひとつ
今回の社会実験の大きなテーマである
細街路などでの歩行者と自転車の共存のための実験があります。
その中心は「臨時駐輪場の設置」です。

四条河原町、烏丸御池のエリアとその周辺で
合計10カ所(放送後追加があり、11カ所)の駐輪場が
公共用地や民間駐車場などを活用して開設されます。

たとえば、三条通東洞院東入る、東洞院通四条下るなど
鉄道駅にも近く、便利な場所に、朝の7時から夜の9時まで
無料で利用できる駐輪場が設けられます。

この臨時駐輪場は、都心部の随所で発生している
自転車の路上放置を一掃し
歩行者が安心して、快適に歩ける空間を確保するとともに
放置自転車による景観の阻害をなくそうとするものです。

京都市の都心部には、平時で5,000台、
休日の夕方などピーク時には7,000台以上の自転車が
各所の路上に放置されているという調査結果があります。

今回設置する駐輪場は2,000台程度で、
放置自転車のすべてを収容するとは期待できないものの
京都市では、できる限り便利な場所に用地を確保した
としています。

自転車は、温室効果ガスを出さず、衝突衝撃も
自動車に比べて圧倒的に小さい、
環境とひとにやさしい乗り物です。
しかし、路上放置やルール、マナーの悪化で
自転車は路上の無法者と言う望ましくないレッテルを貼られています。

みなさんもこの社会実験の期間中は臨時駐輪場を利用し、
駐輪場にきちんと止める安心感と心地よさ
そして、広く、美しくなる都心の街路づくりに
ぜひ協力してください。

この臨時駐輪場の運営と利用者のみなさんへの調査の実施は
私もメンバーである「京(みやこ)のアジェンダ21フォーラ」が
担当することになっています。

9月28日の市民ラジオレポート
山田章博がお送りいたしました。
posted by ラジオレポーター at 16:14| 京都 ☔| ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

【市民レポ】右京区京北の川とアユと人

posted by ラジオレポーター at 20:04| 京都 ☁| ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

【市民レポ】廃プラスチックについて


2007-9-24OA

ラジオカフェ市民ラジオレポートの時間です。

今日は「廃プラスチック」について、福益 正恵がお伝え致します。

前回に続き「廃プラスチック」についてレポートします。
前回は、プラスチックが原因の「杉並病」すなわち、化学物質過敏症について少しお話しました。
今日は、プラスチックと化学物質過敏症とがなぜ関係があるのかをレポートしましたので報告します。
プラスチックの下敷きをご存知ですね。紙の下に敷くプラスチックの板のようなもので、マンがとかいろいろな景色とか模様が印刷されています。
この下敷きを硬い物で強くこすると匂いがします。この匂いの元を分子と言います。プラスチックを構成している大量の分子が、圧力や熱により切り離されてできたのが「匂いの素」です。この「匂いの素」は微量ですが数百種類も発生することがわかっています。特にアルデヒド類などの化学物質が化学物質過敏症の元凶らしいです。下敷きだけではなく、プラスチック類はすべて大なり小なり匂いがします。
京都市は、10月1日より「その他のプラスチック」を、分別収集する予定です。
多分パッカー車で収集するでしょう。その時に、パッカー車の中でプラスチックがぎゅっと圧縮されます。圧縮して空気を追い出さないと、収集効率が悪いですから。その圧縮するときにプラスチックの分子が切れて、このアルデヒド類などの化学物質が放出されるでしょう。街の中をパッカー車が走り回っている時は、多分放出された化学物質は外に出るでしょう。しかし、最終的にどこかに集められるので、そこは圧縮されたプラスチックが山のように積み上げられるでしょう。
この「廃プラスチック」に大きな問題が二つあります。一つは圧縮された時にプラスチックから出てくる多種類の化学物質です。このような職場で働く人や周辺に居住する人々は、この化学物質に日常的にさらされる恐れがあります。前回お話しましたように、化学物質過敏症になると、元には戻らないのが一番怖いことです。つまり、直らないということです。
もう一つは、大量に積み上げられた圧縮プラスチックは、時として常温でも自然発火することです。恐らく、PETや白色トレー以外の「その他プラスチック」は最終的にRPFというプラスチック燃料になるでしょう。石油が高騰している今、市場でこのRPFがひっぱりだこなのです。このRPFからよくボヤが起こっているので問題になっています。
私たちは、日常的に身の回りを様々なプラスチック類に囲まれて、とても便利に使っています。しかし、プラスチックは時として恐ろしい負の面をもっています。
京都市は10月1日から「その他プラスチック」を収集する予定ですが、このような問題が起こらないことを願っています。

今日は「廃プラスチック」についてお伝えしました。
 レポーターは福益 正恵でした。

市民ラジオレポートはラジオカフェのホームページでもお聞き頂けます。
皆さんのご意見やご感想をお待ちしています。

2007年9月24日、ラジオカフェ市民ラジオレポートでした。
posted by ラジオレポーター at 00:00| 京都 ☀| ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

【市民レポ】ぐるっと八幡市第3弾


2007-9-16OA
(市民レポーター:築地綾子)

レンタサイクル西車塚古墳八角堂
レンタサイクル          西車塚古墳           八角堂

泥松稲荷社こども動物園円福寺
泥松稲荷社           こども動物園           円福寺     

ふるさと学習館展示上津屋橋(流れ橋)
ふるさと学習館 展示        展示             上津屋橋(流れ橋)

 八幡市のまちを、ぐるっと観て廻るために
自転車を無料で借りることができます。
京阪「八幡市駅」前にある 観光案内所と、
松花堂庭園、それに四季彩館の三箇所で
保証金千円で借りることができます。
三箇所のいずれで自転車を返しても、
保証金が戻ってきます。
 
 松花堂庭園は、寛永の時代の優れた書道家として
「寛永の三筆」と 数えられた中のひとり
松花堂昭乗(しょうじょう)ゆかりのお庭です。
「松花堂」は、茶室と水屋、土間に住まい、
仏間を併せもった めずらしい建物だそうです。
四季彩館は、「上津屋(こうづや)橋(ばし)」のところにあります。
「流れ橋」と呼ばれ、長さが356.5m、
幅3、3m 日本で一番長い木造の橋です。
板の部分が、ワイヤーロープでつながれているだけ
なので、流されても、元の位置に戻せるように
造られています。

 そのむかし、京都から、高野山へお参りに行く道として
用いられた「東高野街道」沿いに、壁が赤く、
玄関に鳥居が建っている建物があります。
 むかし、むかし・・・近くの神社に「泥松」という
イタズラ好きのタヌキが居たそうです。
ある日、イタズラが過ぎて、お仕置きをされ
うずくまっていたところ、もみじ寺の庵主さまが
つれて帰り、看病をしました。
その後、庵主さまといっしょに、お祈りを
するようにまでなります。
泥松が亡くなり、朝夕、拝んでいたところ
泥松の不思議な力が乗り移り
占いがよく当たるようになりました。
それで、泥松大明神のお社と、鳥居が
奉納されたそうです。  

 「水月(すいげつ)庵(あん)」という石碑のある、分かれ道を
西へ進むと、八角院と掘られた石碑が見えます。
「西車塚古墳」という小さな丘のうえには、
正方形の四隅を切り取った
「隅切り八角形」という、めずらしい建築の
「八角堂」があります。
 明治時代に、神と仏、神社と寺院を
はっきり区別させる「神仏分離」によって、
松花堂と同じく、男山から、移されました。

 さくら公園には、「こども動物園」があります。
声色を変えてしゃべる「九官鳥」が
お出迎えしてくれます。
ウコッケイに、モルモット、うさぎに
あらいぐま。ひつじにヤギ。
何種類ものきれいな水鳥たちがいて
可愛くて、素敵な時間を過ごしました。
5人以下なら、無料で入れます。

 日本で一番古いと伝わる「達磨大師像」がある
円福寺は、春と秋に2回行われる「万人講(まんにんこう)」
の時だけ特別公開されます。

 円福寺の近くに、「洞ヶ峠(ほらがとうげ)」という
ところがあります。
豊臣秀吉と明智光秀の「山崎の戦い」があった時に
筒井順慶は、両方から援護を頼まれますが
有利なほうに付こうと、見守っていました。
このような態度を「洞ヶ峠をきめこむ」「順慶流」
というようになったそうです。
ところが、その後の調べで、「洞ヶ峠」に居たのは
明智光秀で、郡山城に居る順慶に、再三、援護を
催促しますが、郡山城で、「日和見(ひよりみ)」
有利なほうに付く態度をとっていた。ということです。

 八幡は、日本や、発祥の地、めずらしいものが
たくさんあります。
「遺跡」もそのひとつで、たいへん多くのものを
発掘されています。
現在、工事中である「第2京阪道路」の
着工前調査で、50を超える横穴が
見つかったそうです。
 八幡第4小学校の中にある「ふるさと学習館」では
発掘されたものを整理し、復元して、イラストや
模型とともに、わかりやすく展示されています。
むかしの米作りに使われていた農具や、
生活道具なども展示されています。
 どなたでも、見学することができますので
是非ご覧になってください。

レンタサイクル】午前10時〜午後4時45分
こども動物園 】午前 9時〜午後4時30分
     休日・・月曜日、年末年始(12/28〜1/3)
円福寺・万人講】4月20日、10月20日のみ拝観できます。
ふるさと学習館】午前9寺30分〜午後4時30分
     休日・・月曜日、祝日、年末年始
posted by ラジオレポーター at 11:29| 京都 ☀| ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

【市民レポ】子育ての知恵


2007-9-12OA
posted by ラジオレポーター at 00:00| 京都 ☁| ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

【市民レポ】夏休みのラジオ体操



ラジオカフェ市民レポーター:鎌田智広

学生を卒業し夏休みが関係なくなったため、夏休みの存在感がいまいち薄くなった生活を送っていたのですが、今年の春から長男が小学校に通い始めたため、久しぶりに夏休みの様子を思い出しました。
「太陽のとも」「朝顔の観察」「自由研究」などなど自分が小学生の頃、終了間際に泣きながら取り繕った宿題の思い出がよみがえります。そんな思い出と今の小学生の夏休みを比べると「ずいぶん変わったな〜」と感じることがあります。
中でも一番驚いたのは、「夏休みのラジオ体操」。
自分自身の小学生時代を思い出してみると・・・
@毎週月曜から金曜の朝6:30からNHKのラジオ放送にあわせて近所の空き地に集合。
A6年生が前にでてお手本。
B終了後は6年生によってラジオ体操カードにハンコ。
Cハンコは6年生が持ち回りで管理。
D夏休み後、学校にラジオ体操カード提出。
といった様子でした。
これが今は・・・
@7時に集合し録音を流してラジオ体操を行う。
A地域の大人がハンコ押しなど場をしきる。
B夏休みの最初の5日、最後の5日だけおこなう。
C終了日にはお菓子とジュースがもらえる。
に変わっています。
子供中心で行っていたものが、地域の大人中心に変わってきているのでしょうか。気になって調べてみたところ、時代の流れもあるのでしょうが、地域差というのが大きいようです。
お盆の1週間はやすみであったり、ラジオの管理は大人・はんこは子供と別れていたり、最終日にはプラモデルがもらえたというように色々な形がありました。都会の学校ではラジオ体操自体がないところもあるようです。
いろいろな夏休みのラジオ体操があるもんだな〜と思いましたが、ひとつ、時代・地域を越えた共通点がありました。
それは・・・「面白くない」「つまらなかった」というラジオ体操にたいする感想です。
posted by ラジオレポーター at 00:00| 京都 ☀| ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

四条通「大規模交通社会実験」10月5-14日いよいよ実施へ


2007-9-6OA
関連リンク:

http://www.city.kyoto.jp/tokei/trafficpolicy/machinaka/index.html

ラジオカフェ市民ラジオレポートの時間です。
今日は、歩いて楽しいまちなか戦略について、市民ラジオレポーターの
山田章博がお伝えします。

 9月4日火曜日、第4回の「歩いて楽しいまちなか
戦略推進協議会」が開催されました。今回の協議会では、秋の交通社会
実験の実施計画について京都市から説明があり、その詳細について議論
が交されました。
 なお、今回の協議会については、9月5日の京都新聞朝刊
をはじめ、すでに多くの報道が行われていますので、概要については、
すでにご承知の方も多いかと思います。

 京都市の担当者に電話で確認したところ、実験内容については、
9月10日月曜日頃をめどに、京都市交通政策室の「歩いて楽しい
まちなか戦略」ホームページに、第4回、協議会資料として公開
される、とのことです。グーグルでは「まちなか戦略」で検索すると
トップで見つかります。

 京都市都心部での「歩いて楽しいまちづくり」をめざす社会実験は、
平成19年の10月5日から14日の10日
間、実施されます。
 その中心は、10月12日金曜日の17時から21
時と、13日土曜日、14日日曜日の12時から21
時に実施される「四条通トランジットモール」です。

 これは、河原町通から烏丸通の間の四条通への一般車両の進入を規制
し、バスとタクシーだけを通すとともに、四条大橋西詰めから烏丸通ま
での歩道を現在の約2倍の幅に広げて、歩行者がゆったりと歩け
る四条通を創り出そうとするものです。

 また、これにあわせて、四条通に出入りする南北方向の小路、寺町通
から東洞院通の、蛸薬師通から綾小路通までの3ブロックで、許
可車両以外の進入を規制します。この際、各小路での車両の四条通の横
断も禁止され、四条通に沿った歩道では、信号に遮られることなく、歩
行者が通行することができます。

 この四条通を挟む南北方向の小路での車両規制に関して、そこでの自
転車の取り扱いが、今回の協議会の中で、未解決の対立点として浮き彫
りになりました。

 四条通への自動車の進入を規制しようとする「トランジットモール実
験」にあわせて、南北の小路から流入する「自動車」を規制することは
理にかなっています。
 それは、四条通に向って南北から進む自動車が、四条通に出たり、横
断したりすることができないため、その手前で進入を抑制することが必
要だからです。

 しかし、自転車の場合はどうでしょうか?
 京都市が協議会で示した実施計画では、蛸薬師通から綾小路通の間の
小路では「車両」の通行を禁止します。この車両には「自転車」も含ま
れます。つまりこの3ブロックでは、自転車には乗ることができ
ず、押して歩く、というわけです。
 自転車は、運転者が自転車を降りて、自転車を押して歩くときには
「歩行者」になります。四条通の歩道や、四条通の横断は、歩行者とし
てなら可能です。
 そして、自転車の走行を禁止する必要があるのは、歩行者の通行量が
多く、自転車と歩行者が共存できない道路です。この場合それは、四条
通の歩道だと思います。

 京都市の大島都市計画局長は「今回の実験は、歩行者の方々に、でき
るかぎり楽しく、安全に歩いていただける空間を創り出すことが一番の
目標なので、歩行者保護の観点から自転車も自動車と同様に規制した
い」との説明がありました。
 また、他の委員からも「ルールやマナーを守らない現在の自転車を、
自動車を規制した道路に進入させることは好ましくない。ルールを守
る、車両としての自覚を持たせる意味でも、規制すべき」との意見も聞
かれました。

 京都の都心で自転車を使っておられるみなさんに、是非、考えていた
だきたい問題です。
 今、多くの「歩く人」や「自動車に乗る人」にとって、自転車は「無
法者」と映っています。現に、道路の右側を通行し、信号を守らず、信
号のない交差点で一時停止も安全確認もせず、大通りの歩道を歩行者を
蹴散らして走る自転車が、如何に多いことか!
 ご自分の自転車の乗り方、走り方、止め方を、もう一度、他の人の視
点で見直してほしいと思います。
 このままでは、本来、地球環境にやさしく、健康に良い自転車が、ま
すます「悪者」になって行きます。ますます、強く規制され、合法的に
走る機会や場所を制限されて行くことになります。
 自転車が、都市交通の中で、大切な交通手段として認知され、ふさわ
しい地位を与えられるためには、「行儀のよい」自転車の走り方、止め
方を実践するしかありません。

 さて、いよいよ10月5日から14日まで、まちなか
での社会実験が実施されます。9日から14日の6日間
は、各所に臨時の駐輪場も設置されます。この駐輪場については、詳細
が決まり次第、改めてお伝えいたします。

 今日は、9月4日に開催された「歩いて楽しいまちなか戦
略推進協議会」について、山田章博がお伝えしました。

 市民ラジオレポートはラジオカフェのホームページでもお聞きいただ
けます。みなさんのご意見やご感想もお待ちしています。

2007年9月6日のラジオカフェ市民ラジオレポートでし
た。

posted by ラジオレポーター at 12:27| 京都 ☀| ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【市民レポ】オムツは何派?



レポーター:平井有子

私は 現在 妊娠6ヶ月の妊婦です。
そろそろ安定期に入り 出産に備えて いろんな用意を始めています。 

最近 妊婦仲間で盛り上がっている話題のひとつに 「おむつ」があります。

子育ての経験がある方は お分かりだと思いますが
最近のおむつは 「紙おむつ」と「布おむつ」があります。

紙おむつにするか、それとも布おむつにするか 

お母さんの考え方によって ずいぶんと違うようなのです。


まず 紙おむつ。
紙おむつのいいところは なんといっても 便利なこと。   

今は足回りにギャザーがついていて もれる心配が少なく
うんちポケットなどもついていて 不快に感じることが少ないうえに
通気性も良くなり ムレてかぶれることも少ないようです。
 

また 外出時 オムツを取り替えれない場所にいることも多いので
赤ちゃんが 不快感を感じにくいというのは 大変助かります。
  
私は大阪市内に住んでいるのですが 
三条御幸町のラジオカフェに来るまでに
オムツを替えられるところを調べてみました。
すると びっくりするほど少ないんです。

最近 いろんなところにオムツを替えるベビーベットや台を
よく見かけるようになったと 思っていたのですが
実際は バス 電車と乗り継ぐ およそ2時間の間に
オムツを替えられるところは たったの1箇所。
しかも 公共の場に設置されたものではなく
百貨店の中なのです。                      


ただ 、紙おむつは 使い捨てなので ゴミが大量に出る。

生まれたての赤ちゃんは 一日 多いときには25回 
排泄しますから ゴミ捨ても 大変ですが 
今 問題になっているゴミ問題にも少なからず 影響してきますし、 
1枚1枚は安くても 大量に使うので 経済的にも負担になります。



それでは 布オムツはどうでしょうか。

20年ほど前までは 紙おむつがまだ一般的でなかったため
ほとんどの子供は布おむつをしていました。
私も 布オムツだけで育てられました。

この布オムツ 紙と違って 洗えば何度も使えるため一度そろえると
少しは経済的です。

ただ 紙のように 吸水力がないため 毎回赤ちゃんが泣きますので
毎回 すぐに変えないといけません。               


さて。 妊婦仲間で 一応出た結論ですが
紙おむつだけにする が4名
夜間と外出時のみ 紙おむつにする が 私も含めて3名
でした。



私は 機能的には 紙おむつが優れていると思いますが 
やっぱり布のほうが 赤ちゃんは気持ちいいと思うんです。

まだ先の話ですが 私が介護されるなら
紙よりも やっぱり 肌触りのいいおむつ布がうれしいです。

紙でかぶれる赤ちゃん 布でかぶれる赤ちゃんもいるそうですから
やってみないとわかりませんが。 

posted by ラジオレポーター at 00:00| 京都 ☁| ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

FM797 English News 07-09-01

posted by ラジオレポーター at 10:59| 京都 ☁| ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

【市民レポ】ぐるっと八幡市 第2弾



                  (市民レポーター:築地綾子)
第1の鳥居  名水「筒井」  頓宮
石清水八幡宮 第1の鳥居     名水「筒井」        頓宮(とんぐう)
祓谷  相槌神社  竹雨水(ちくうすい)
神幸橋            相槌(あいづち)神社          竹雨水(ちくうすい)

石清水社第3鳥居前本殿
石清水社             第3鳥居前(ひとつ石)      本殿

ケーブル涌峯碑エジソン記念碑
ケーブル             涌峯碑(ゆうほうとう)        エジソン記念碑

石清水八幡宮は、標高143mの男山山頂にあります。
第一の鳥居を見上げて、八幡宮(はちまんぐう)と
書かれた額を、よーく見てみると、八幡宮の八の文字が、
ハトの絵になっています。

近くには、捕らえた生き物を解き放ち、
供養をされていた放生池、
それに男山の名水に選ばれている

「筒井」を観ながら、参道を進んでいくと、
仮の宮殿 頓宮(とんぐう)の入り口があります。

 広い敷地に、彩りこそ されてはいませんが
複雑な つくりの屋根といい、三方に高い欄干(らんかん)が
施されているのを見ると、八幡宮と間違えても
無理はないなぁと思いました。


第二の鳥居をくぐると、ちいさな
「神幸橋」という石の橋が架かっています。
 江戸時代までは、祭りがある数日間だけ
「神の通る道」として、臨時の橋が
架けられていたそうです。

 その下は、災いや、汚れを祓うという字の
祓い谷(はらいだに)という、斜面のきつい谷になっています。
  
階段の下りと上りが左右にある、
七曲りを下がると、名水の「山の井戸」と
相槌(あいづち)神社があります。

平安時代の中ごろ、「京都三条で活躍したという
刀鍛治の宗近(むねちか)が、稲荷神の化身である
童子(どうじ)と変わりばんこに槌(つち)を打って、
刀をつくりあげた。」という話がある神社です。

 なだらかな道の表参道から、きびしい斜面の
裏参道のほうへ行くと立派な お社(やしろ)に囲まれ、
名前の由来となっている「石清水社」があります。
 この名水は、厳しい寒さにも凍らず、
旱(ひで)りのときにも、枯れないのだそうです。

 第三の鳥居をくぐった 石畳の一箇所だけ
盛り上がった石がはめてあります。
「ひとつ石」と呼ぶそうで、お百度参りや
お千度参りの、スタート点だそうです。

 まっすぐに伸びた参道には、いままでにあった
お寺の、さまざまな石灯籠が並んでいて
それを、ながめながら、本堂へと向かいます。

 本殿は、「平成の大修造(だいしゅうぞう)」中ですので、
仮の参拝所が設けられていたり、
極彩色(ごくさいしき)の彫刻が外されていました。

 木造建築を、火災から守る「火が去る」
という意味から、左甚五郎が彫刻したといわれる
「目貫(めぬき)の猿」が、西門の欄間(らんま)にあります。
 伝説によると、その猿が、夜な夜な抜け出して、
田畑の作物を荒らすので、封じるために
右目にクギをさしたということです。

 裏手のほうに、展望台への道があります。
風がよく通り、パノラマで見渡す、
京都の山々が、とってもいい眺めです。
 山頂には、谷崎潤一郎の文学碑がありました。
小説「蘆刈」は、渡し舟で、大山崎から橋本へ渡る
中州が舞台となっています。
 エジソンの記念碑も、あります
40時間持つ、白熱電球を発明していましたが、
それ以上のモノを作るため、
探検家のムーアに依頼して、アジア、中南米の竹を
送ってもらい、八幡の竹で実験の結果、
千時間も輝き続けたそうです。
植物だけでも6千種以上で試しているとは、
まさに、「1%のひらめきと、
99%の努力からなる。」ですね

≪男山ケーブル≫
 運賃(片道)おとな200円、子ども100円
 
posted by ラジオレポーター at 19:15| 京都 ☀| ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【市民レポ】続・廃プラスチック


ラジオカフェ市民ラジオレポートの時間です。
今日は「廃プラスチック」について、福益 正恵がお伝え致します。
前回に続き「廃プラスチック」についてレポートします。
前回は、「容器包装リサイクル法」について少しお話しました。
家庭から出るごみの中で、約60%の容積を占め、重量で20から30%に達しているのが容器包装廃棄物ですが、この容器包装廃棄物の中で、京都市は、缶、ガラスびん、PETボトルをまとめて、収集し、リサイクルに回しています。紙類は別ルートで、リサイクルの市場が確立しています。残るその他のプラスチックを、京都市は、10月1日より分別収集を始める予定です。この「廃プラスチック」が問題なのです。
皆さんは、「杉並病」という言葉を聞いたことがありますか?平成8年4月に東京都清掃局杉並中継所が稼動しました。この杉並中継所とは、プラスチック主体のごみを圧縮して積み替える施設です。この施設が稼動を始めてすぐに、施設の周辺地域の人々に集団発生した健康被害をマスコミが命名して「杉並病」と呼ばれるようになったのです。
主な症状は、いわゆるシックハウス病とほぼ同じで、喉の痛み、頭痛、めまい、咳、吐き気、動悸、皮膚障害、手足のしびれ疲労感などで、人によって異なる症状がでたそうです。重症なものでは、呼吸器の障害や重い中枢神経障害を発症し、後遺症として化学物質過敏症を引き起こしました。
近隣にある保育所は、そこに通園する幼児たちが、通園するとそのような症状を訴えるようになり、閉園してしまいました。
それから住民による損害賠償など、いろいろな経過を経て、平成14年に公害等調整委員会により、原因はこのプラスチックを圧縮する中継所であることを否定できないとの報告がでました。
シックハウス病すなわち、化学物質過敏症の恐ろしいのは、一度かかると元にもどらないことです。人によって異なりますが、体内に取りこまれる化学物質の総量が一定量を超えると個人の抵抗力の閾値を超え、発症すると考えられています。
東京都杉並区は、その独特な地形のために、光化学スモッグの発生の地でもあります。
もちろん、いろいろな条件が重なってこのようなことが起こったのですが、私たちの回りには、数限りない化学物質が充満しています。シックハウス病の主な原因物質の一つはアルデヒド類であることはわかっています。
杉並のみではなく、このその他プラスチックを扱っている各地の施設で、杉並病に類似したことが起こっています。
京都市は10月1日からその他プラスチックを収集する予定ですが、このような病気が起こらないことを願っています。
次回は、なぜその他プラスチックからアルデヒド類が出てくるのか、などについてお話します。

今日は「廃プラスチック」についてお伝えしました。
 レポーターは福益 正恵でした。
市民ラジオレポートはラジオカフェのホームページでもお聞き頂けます。
皆さんのご意見やご感想をお待ちしています。
2007年8月27日、ラジオカフェ市民ラジオレポートでした。
posted by ラジオレポーター at 00:00| 京都 ☁| ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

【市民レポ】廃プラスチック



ラジオカフェ市民ラジオレポートの時間です。

今日は「廃プラスチック」について、福益 正恵がお伝え致します。
前回は「バイオガス施設」についてレポートしました。
今日は、「廃プラスチック」について何回かにわたってレポートします。

「容器包装リサイクル法」をご存知ですか?正式には「容器包装に係る分別収集および商品化の促進等に関する法律」と言いますが、長ったらしくて覚えにくいので、簡単に「容器包装リサイクル法」と言っています。平成7年リサイクルを推進するために制定された法律です。その一部が平成9年に施行され、平成12年に完全に施行されました。
家庭から出るごみの中で、約60%の容積を占め、重量で20から30%に達しているのが容器包装廃棄物です。この容器包装廃棄物を減量し、リサイクルを促進する目的で制定されました。対象は、ガラスびん、PETボトル、紙製、プラスチック製の容器包装です。
この法律では、消費者、市町村、事業者にそれぞれの立場でごみの減量とリサイクルの責任を負わせています。
私たち消費者の役割は、廃棄物の排出を抑制し、また、市町村の求めるところに従って分別して排出しなければなりません。
京都市の役割は、分別収集計画を定め、法規包装廃棄物の分別収集に必要な措置を講じなければなりません。
現在、京都市では、一般家庭ごみを週2回、缶・びん・PETを週1回、小型金属類を月1回、紙パック、乾電池はまち美化事務所,各区役所・支所・出張所,市役所本庁舎,商業施設等の拠点に設置している専用回収ボックスに投入、使用済み天ぷら油は拠点回収で、場所によっては回収していないところもあります。というのが、現状です。
この容器包装廃棄物の中で、プラスチックに関して話します。
分別収集しやすくするために、識別マークがつけられているのをご存知ですか?話すのはむずかしいので、ラジオカフェのホームページに掲載いたしますので、また見てください。
プラスチックの場合は、材質がものすごく多種にわたるので、私たちにはなかなか識別しにくいので、識別マークに加えて材質表示がされています。ガムの包みとかいろいろな包みを見てみてください。1から7までの数字で表されています。
廃プラスチックの中で、京都市はPETだけ缶・びんと共に収集しています。PET、PETと言っていますが、PETとは、ポリエチレンテレフタレートの略です。京都市では、近いうちに、その他のプラスチックの収集が始まると思います。
このその他プラスチックがとてもとても問題があるのですが、その大きな問題について、次回から徐々にお話します。

今日は「廃プラスチック」についてお伝えしました。
レポーターは福益 正恵でした。

市民ラジオレポートはラジオカフェのホームページでもお聞き頂けます。
皆さんのご意見やご感想もお待ちしています。
2007年7月30日、ラジオカフェ市民ラジオレポートでした。

posted by ラジオレポーター at 21:10| 京都 ☁| ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

【市民レポ】 笑いで学ぶ英語落語



 社会言語学者・大島希巳江さんが作られた英語落語公式HPはこちら
演者紹介の中には、来月初めにNY公演を控えている、桂 かい枝&桂 あさ吉のお2人も出ています。

 また、英語落語のパイオニアといえば、桂 枝雀師。東芝EMIから出ている全集には英語落語も何席か収録されています。
京都と大阪の人間性の違いを描いた古典の名作、『愛宕山』はDVD版では日本語で演じて英語字幕が下に出るヴァージョンです。

市民ラジオレポーター・本西 宏成
posted by ラジオレポーター at 00:00| 京都 ☁| ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

歩いて楽しいまちなか戦略



ラジオカフェ市民ラジオレポートの時間です。
今日は、歩いて楽しいまちなか戦略について、市民ラジオレポーターの
山田章博がお伝えします。

 7月30日月曜日、15時から、京都ホテルオークラ
で、歩いて楽しいまちなか戦略推進協議会の幹事会が開催されました。
今回の幹事会では、秋の交通社会実験の案について、6月
19日の幹事会の後、各関係者との個別調整などを受けて修正を加えた
「実験メニュー」
が示されました。
 なお、今回の幹事会は報道陣を招かずに行われたため、その内容は新
聞などでは報道されていないと思います。

 交通社会実験は今年の秋、平成19年の10月の5日
から14日の10日間実施することが計画されています。

 さて、この日、京都市交通政策室から示された実験案では、いくつか
の点で、これまで「あいまい」だった事柄が、より具体的に示されまし
た。

 ひとつめは、自転車についてです。
 都心部では駅周辺を中心に、おびただしい数の自転車が路上に放置さ
れており、実験では、これを収容する「臨時駐輪場」の設置と、駐輪場
の利用を促す意味も含んだ放置自転車の「撤去」が行われます。
 臨時駐輪場は、歴史的都心地区の四隅に位置する「四条河原町」「四
条烏丸」「烏丸御池」および「市役所前」の4つの鉄道駅付近を
中心として、その他に民間駐車場などを借り上げて設置することとされ
ています。
 市役所前駅周辺では、市役所前広場の一部を駐輪場とすることも提案
されました。
 一方、四条烏丸周辺では具体的にまとまった場所が提示されていませ
ん。私は幹事会委員のひとりとして、室町綾小路の市営駐車場「京都市
四条烏丸駐車場」の地下を自転車に開放することを提案しました。
 ご存知の方もおられると思いますが、この四条烏丸駐車場ではすで
に、原動機付自転車を含む自動二輪車を受け入れていますが、現在のと
ころ、自転車を止めることはできません。

 京都市からの実験メニューの提案では、この他に、100円循環
バスへ新型の小型車両を導入し、運行頻度を5分間隔まで密にす
ることや、周辺を含む告知の横断幕、看板などの設置、自動車の迂回な
どを促す誘導員の配置、広報の方法なども提案されました。

 以上のように、新しい提案内容が多くあった7月30日の
幹事会ですが、会議での議論はこれまでと変わらず、四条通の一般車両
進入禁止、いわゆるトランジットモール化にともなう南北の小路の自動
車進入規制の是非と方法に関することがらに終始しました。

 ひとつは、四条通周辺での駐車場経営者の団体が、なお強行にこの実
験方法に異議を唱えている点です。しかし、その論調は「実験反対」か
ら「影響の精査」や「将来像の明示」などに変わりつつあります、

 もうひとつは、南北の小路を「車両通行禁止」とするのか、または
「通り抜け禁止」として進入そのものは認めるのか、という点です。市
は混乱を防ぐために通行禁止として、必要な車両には事前に許可証を発
行する方針ですが、一時利用の駐車場への入庫も含めて進入を認めるべ
き、との意見もありました。

 2時間の議論の最後に、幹事長である同志社大学、塚口教授の
提案により、京都の都心の新しい姿を実地に試し、確かめる機会とし
て、交通社会実験を、市の提案に沿って実施することで、ようやく幹事
会としての結論にこぎつけました。

 今後の日程は、10月5日から14日までの交通社会
実験に向けて準備を進めるとともに、関係する地域のみなさんへの説明
会などを順次開催しながら、9月上旬の協議会全体会議で実験の
最終メニューを決定する予定です。

 今日は、7月30日に開催された「歩いて楽しいまちなか
戦略」推進協議会/幹事会について、山田章博がお伝えしました。

 市民ラジオレポートはラジオカフェのホームページでもお聞きいただ
けます。みなさんのご意見やご感想もお待ちしています。

2007年6月  日金曜日のラジオカフェ市民ラジオレポートでし
た。

*************************************
市民空間きょうと
山田 章博
posted by ラジオレポーター at 19:07| 京都 ☁| ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

【市民レポ】年金記録 確認しました!




今日は「年金」について  
平井有子が お伝えします。

皆さんは 「年金の確認」 しましたか?

私は 何度か転職しており 
また 結婚して 氏名と住所も変わっているので

これは危ないのでは? こちらに払い漏れがあるのでは?
と不安になり 
先日 年金記録確認をしました。

6月のはじめ 「年金記録確認フリーダイヤル」に電話をしたところ 
何度電話しても つながりません。                   
その後も 何日かに1度電話しましたが やはりつながりませんでした。
   

少し期間をあけて6月下旬、 やっとつながりました!!

名前、住所、電話番号、生年月日、基礎年金番号などを
聞かれます。                                 
 
すべて答えると  この場では 年金状況はお答え出来ない、 
およそ3週間で 回答書を お送りしますとのことでした。  

また 主人の記録確認も この時 一緒に申し込むことが出来ました。

それから1ヶ月と1週間ほど経った 7月末。

管轄の社会保険事務所から 親展と書かれた封筒が
やーーーっと届きました。                  


始めは なかなか来ないので 心配しましたが
まあ、遅れはしたものの ちゃんと届いたことに 少し安心しました。

                                 
封筒の中には 
「被保険者記録照会回答票等の送付について」 という
まぁ、お詫び状と 案内状を兼ねたようなものが1枚、

それに 個人の年金状況が書かれている「被保険者 記録照会回答票」、

これは 
国民年金か厚生年金か? 取得年月日と 喪失年月日 
払った月数が書かれているものがひとつ、

厚生年金において 何ヶ月でいくら払ったか というものがひとつ、

国民年金の内訳を記号で表したものがひとつと 3部構成になっています。      


そして 
「被保険者 記録照会回答票の見方」
「国民年金納付 記録の見方」という 
回答票に書かれてある 記号を説明するものが2枚入ってました。
                                      

始めは慣れていないので かなり見にくいのですが
ずっと見ていると おおよそのことは理解できました。

ただ 払っていなくても「未納」という字は 出てきません。
あくまでも いつからいつまで どれだけ払ったかという
記録のみが書かれています。


さて、私の年金ですが よーく よーく見てみると
1ヶ月の払い漏れが見つかりました。           


この未納分 「今の制度」では 
60歳になったとき 未納分を申告して 
この時初めて 未納分を収めることができるようです。


今回 年金記録を確認して 
自分の収めた年金がちゃんと記録されていたことに
安心はしましたが

それと同時に 回投票の見づらさ、未納分の見つけにくさ、 
対応の遅さなどが目立ちました。


また 未納分をもっと払いやすくする制度があれば
今からでも 年金を納める率も もっと高くなるなるのでは?と
感じました。


皆さんも まだ年金を確認されていない方は 
この機会に 確認してみては いかがでしょうか?  
 

                     レポーター:平井有子
posted by ラジオレポーター at 00:00| 京都 | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

【市民レポ】ぐるっと八幡市


(レポーター:築地綾子)
 
御幸橋 橋詰広場八幡市駅前エジソン碑
御幸橋 橋詰広場        八幡市駅前           エジソン碑

航海記念塔安居(あんご)橋≪たいこ橋≫飛行神社
航海記念塔           安居(あんご)橋≪たいこ橋≫  飛行神社入口

飛行神社2 高良神社 タブの木
飛行神社              高良神社              タブの木

京阪「八幡(やわた)市駅」から南へ歩いていくと
「神応寺(じんおうじ)」という
お寺の案内板が見えます。

神応寺の門の隣に、高さが おおよそ6メートル
幅が2メートル 40センチ以上もある
五輪石塔が見えてきます。

言い伝えによると、平安時代の終わりごろ
資本家の商人が中国での貿易を済ませて帰る途中に
大シケにあってしまいます。
そこで、岩清水八幡宮に お祈りをしたところ
無事に帰ることができました。
そのお礼にと 日本で最大の規模を誇る
五輪の石塔が建てられました。
その後、船乗りが、海に出る時の 安全祈願のため
訪れるようになったことから「航海記念塔」と
呼ばれるようになったそうです。

駅前から、東の方に行くと、放生(ほうじょう)川に
半円を描いている形から「たいこ」橋と
呼ばれている安居(あんご)橋が架かっています。
橋ケタや、三の間が施された とても美しい橋です。

この橋をわたって、左に曲がると飛行神社があります。
日本人として初めて 二宮忠八さんが
ゴムのチカラを利用することで
プロペラ式模型飛行機を飛ばすことに成功しました
研究開発がもっと早く認められていれば
ヒトを乗せた飛行機を、ライト兄弟より先に
完成させていたかもしれません。
飛行機造りを断念した二宮忠八さんは、
飛行機による犠牲者の霊を慰めるために
神社を建て、航空安全と、航空事業の発展を
祈願しました。

安居(あんご)橋の前に、高良神社があります
境内には、京都自然200に選ばれている
タブの木が、静かに神社を見守っています。

この神社の逸話として 吉田兼好の「徒然草」
第五十二段に、記されています。
「仁和寺の僧侶が、年を取るまで
石清水八幡宮を拝んでいないのは、心残りなので
ある日 思い立って たったひとりで 
石清水八幡宮へ向います。 
そして、麓にある、極楽寺と高良神社を参拝して、
これで、思いが遂げられたと帰って行きます。
京に帰って 同僚の僧侶に 『長年の念願を
果たすことができました。
石清水八幡宮は うわさに聞いていたよりも 
素晴らしいものでした。
それにしても、参拝者が次々に山に登って行くので
何かあるのか、気になって行ってみたいと
思ったのですが、神社にお参りするのが
本来の望みでしたから、山までは見ていません。』
些細なことでも、先輩のアドバイスを受けるのが
望ましい」というお話でした。 

七月十七、十八日に「たいこまつり」が行なわれます
おおよそ150人の男衆が、たいこを載せた
1,5トンから 2トンの大きな屋形(やがた)
御輿を担ぎ、たいこを打ち鳴らしながら
町内に繰り出します。
最大の見どころは、十八日の午後6時30分から
始まる「本宮」で、四つの地区から
屋形(やがた)御輿が、高良神社に、
一堂に集まり、参道を練り歩くのだそうです。

飛行神社 −−− 境内自由
     資料館 :一般300円、中高生200円
         (開館時間:午前9時〜午後4時)             
posted by ラジオレポーター at 00:00| 京都 ☔| ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。